歴史的選択肢に対する
歴史と反対の選択肢と
その後の推測論に対し
バカ呼ばわり、
相手にすらできるかって方が多いのに
残念です。
行動の是非を後世だからこそ論じ
検証させる事ができるのだが、
これすら否定し
当時の現状を踏まえて推察する事を
己の価値観のみで拒否し断じて否定する…
日本人は歴史的事柄においてとかく
検証しない民族と言われてますが、
その典型的な例であるし視野が狭いと
言わざるえない日本人の欠点である。
例題、
対米開戦か対ソビエト開戦か
実際に議論された出来事なのですが…
その選択で対ソビエト戦を選択した場合に
戦闘の方向性
その一、戦車戦について
で早くも拒否反応出ました。

その弐、零戦についての評価
文献等での搭乗員達の証言また
当時の前線からの要望に対する対応
技術的な問題点と長所と短所に関して、
個別の技術、戦術に陶酔し全体を
見ようとせず技術論に固執して
安易に評価する始末。
以外に零戦の負の側面を
認めない性質が多いのと
時系列に沿いつつ
ここでも文献等を読みつつ
己れの言葉で考え考察できないようです。
(明らかに商売目的で誇張された事柄を信じ鵜呑みしてる方もいます)
ちなみに自分は日本人です。
念のため