(CNN)?

米南部が週末にかけて激しい暴風雨や竜巻に見舞われ、テキサスなど4州で4月30日までに少なくとも10人が死亡した。現場では捜索救助活動が続けられており、犠牲者の数はさらに増える可能性もある。

暴風雨はテキサス、ミズーリ、アーカンソー、ミシシッピの4州を直撃。30日も北上を続け、アラバマ州からミシガン州でも1700万人がひょうや突風、竜巻などの危険にさらされているほか、数百万人を対象に洪水警報や注意報が出されている。

5月1日にはさらに勢力を強め、ペンシルベニア州やニューヨーク州へと北上する見通し。

米国立測候所によると、ミズーリ、テキサスの両州では29日に大雨が降り、テキサス州東部カントン付近では少なくとも3つの竜巻が発生して4人が死亡、49人が病院に運ばれた。

竜巻が通過した地点では幅約24キロの範囲で建物などが破壊され、当局は30日、テキサス州カントンの一部地域への立ち入りを禁止した。

救急隊は竜巻の通過地点にあった5000世帯を個別に訪問して、安否確認を行っている。29日夜に悪天候のためいったん中断されていた捜索救助活動は、30日に再開された。

CNN系列局KTVTの記者は、大木の枝が吹き飛ばされて道路をふさぎ、駐車場に止めてあった車は「玩具のように巻き上げられた」と話している。

竜巻が自宅のすぐ近くを通過したというヘイリー・ヘロンさん(17)は、「恐ろしい被害だった。電線やフェンスが引き裂かれて路上に散乱し、友人の自宅は破壊された。完全になくなってしまった建物もある。樹木がバラバラになって牧草地一帯に散乱している」「これほどの被害は見たことがない」と呆然(ぼうぜん)とした様子だった。

ミシシッピ州でも住宅や樹木の倒壊、電線の寸断などの被害が相次ぎ、30日までに2人の死亡が確認された。ランキン郡では子どもが洪水の水で感電死した。

アーカンソー州では29日、10歳の女の子が増水した川に押し流されるなどして2人が死亡した。

28日から豪雨による洪水に見舞われたミズーリ州でも2人が死亡。洪水で身動きできなくなった車の中に取り残された夫婦は、夫が72歳の妻を助けようとしたが、車はそのまま押し流され、妻は29日に遺体で見つかった。

ミズーリ州の道路は南部を中心に少なくとも150カ所が洪水のため通行できなくなり、30日現在も住民の避難や水没現場からの救出が相次いでいる。

2017.05.01 Mon posted at 10:32
http://www.cnn.co.jp/usa/35100590.html
http://www.cnn.co.jp/usa/35100590-2.html

http://www.cnn.co.jp/storage/2017/05/01/eaa27ab8d4b4afaf3b3e4782a0ba7dda/texas-tornado-apr.jpg
http://www.cnn.co.jp/storage/2017/05/01/e69da69f0d9acb25159601ac3e535043/texas-tornado-apr-02.jpg

※動画
http://www.cnn.co.jp/video/16226.html

コメント一覧
米国製原子炉の重要施設が地下にある理由
地球温暖化と関係あるか分からないけどトランプは環境に出費することを拒否したからな。これからもっとひどくなるのかね。
自然にはかないませんて
阿修羅マン、大活躍だな。
雹まで発生させるとは、腕を上げたな。
あーこれは温暖化ですわ
衆愚政治の成れの果て
とワシントン大統領が言ってるでごわす